開運ダイアリーⅡ

1日1運、1歩で開運。そして奇跡は起きる。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年11月
ARCHIVE ≫ 2008年11月
      

≪ 前月 |  2008年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

“不公平”から生まれた奇跡

お久しぶりです。

あちらの方ばかり更新していてすみません。


いよいよF1がおもしろいことになってます。

何がおもしろいって・・・



遂に迎えた最終戦。ここで年間チャンピオンが決まります。

が。

今年は例年にない混戦。ひとことで言うと、「才能はもちろんあるけど、まだ未熟では?」って、関係者&ファンの多くからツッコまれてる2人のドライバーによって争われているのです。


じゃあなぜ、そんな未熟(かもしれない)2人がチャンピオン候補なのか。ほかのドライバーは何してるの?


・・・って、思いますよね。F1に興味のない皆さんは。



ここが、通常のスポーツとF1との違いなんですね。

F1って、クルマに乗って戦いますよね。で、その車って、ご存じない人も多いと思うんですけど、同じものじゃないんです。フェラーリだったりBMWだったり、HONDAだったりTOYOTAだったり、いろんな車がグリッドに並びます。

もちろん、市販車じゃないですよー(あ、それは知ってた?)。

市販車なら、TOYOTAはどこにも負けないかもだし、HONDAも絶対に絶対に強いはず。




・・・・じゃ、なくて。

フォーミュラカーという、特殊なルールに則って作られたレーシングカーを使います。


その開発に、ものすごーーーくお金がかかるんです。これ、上限なしね。

だから、予算が潤沢なチームは開発し放題だし(年間数百億円とか、かけちゃいます)、お金のないチームはその10分の1も使えないし、さらに資金が滞ると、会社で言う倒産状態になってグリッドを去ることになります。


100分の1秒を競う、究極の自動車レース。だから、1億の差は大きいんです(そりゃそーだ)。同じフォーミュラカーといっても、事実上、市販車でいうスポーツカーとミニバンくらいの違いがあると思ってください。


07年のカナダGPで、開発費年間数百億のマクラーレンを、その十分の1のスーパーアグリが抜いたとき、サーキットがどよめいたのはそれを知ってるからです。



で。

今季のチャンピオン候補の2人、ひとりは名門フェラーリのドライバー。もうひとりも、これまた名門マクラーレンの秘蔵っ子。


年間数百億円対決、速くて当たり前です。だってマシンが完璧だもーーん(細かい点はいろいろありますよー)。



ところが。

ここに割って入ろうとしてるのが、たいして予算もなくて、たいして開発もできてないルノーチームの元チャンピオン。



「マシンじゃない。ドライバーの腕だ」ってセオリー(仮説)、理想だけど実践はほとんど無理だった、はず。



それを今、彼は体現してるんですねー





奇跡って、起こせるんだなぁ






何が言いたかったかというと。


どんなにダメダメな環境でも、希望を捨てず、人の何万倍も努力をして、コンセントレイトして、工夫して、頭を使って、感情を統御して、一歩一歩日々前進していけば、トップに立てるんだ、ってこと。


あきらめない限り、必ず人は輝ける、ってことです



人が置かれてる境遇なんて、99%逆境でしょう。イヤなこと、理不尽なこと、ツライこと、いっぱいあると思います。




でも、ね。

また上がっていけるんですよ。あきらめさえしなければ。



すごいなー、フェルナンド・アロンソ
スポンサーサイト
F1 | Comments (-) | Trackbacks (-)
プロフィール

阿雅佐

Author:阿雅佐
フォーチュン・ナビゲーター
占星術・心理研究家。
F1とLOHAS的生活を愛する幸運配達人。
3月14日、ファンタジー児童小説「モデル💛マジック」上梓します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。