FC2ブログ

開運ダイアリーⅡ

1日1運、1歩で開運。そして奇跡は起きる。
TOP舞台 ≫ 歌舞伎者。

歌舞伎者。

市川海老蔵さんが五役を演じることで話題の、 「雷神不動北山櫻」を観てきました。

ebizo


噂に違わぬエンタテイメントぶり。海老蔵さんの舞台を観ていつも思うのは、伝統をきちっと押さえた上で、それを怖そうとしておられる印象を受けること。型にピタリとはまることがまず大切なのでしょうが、そのひとつひとつが、単なる「怒りの型」「驚きの型」だけじゃない気がするんだよなぁ。

凛とした伝統があって、それを新しい感性で塗り替えていくことが、いわゆる歌舞くってことなんじゃないの? なんて思ったり。すごい照明とかイリュージョンとか、そういうのに「伝統芸能なのに」手を出す、って意気込みがすでに歌舞いてる。そんなところが、海老蔵さんの魅力なんじゃないかって思います。

・・・でも、こんな感想を持つこと自体、歌舞伎通の先輩方からは失笑を買うんでしょうねぇ。
奥の深い伝統芸能。でも、それを受け継いでいくのはいつの時代も(先輩方から疎まれ、否定去れ続けた)後輩たち。切磋琢磨ってこういうことかも。
スポンサーサイト



舞台 | Comments (-) | Trackbacks (-)
プロフィール

阿雅佐

Author:阿雅佐
フォーチュン・ナビゲーター
占星術・心理研究家。
F1とLOHAS的生活を愛する幸運配達人。
3月14日、ファンタジー児童小説「モデル💛マジック」上梓します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
Twitter